読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The jonki

呼ばれて飛び出てじょじょじょじょーんき

【Vim】gVimでneobundle環境を整える

Windowsの環境でも快適なVim環境を整えるために、VimFilerとVimShellを動かすところまでをこの記事では書きます。

構築環境

Windows 7 Professional

準備

gVimをKaoriYaさんからダウンロードして、適当な場所に展開してgVimなどにリネームして使います。今日ダウンロードしたらvim74-kaoriya-win64-20140330でした。ちなみに私はC:\gVim\という感じでC直下においています。

neobundle環境を作る

ホームディレクトリにneobundleのホームとなるような場所を作ります。git環境は作っておいてくださいね。

 $ mkdir -p ~/.vim/bundle
 $ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

_vimrcの作成

gVimを展開してルートにあるvimrcとgvimrcは編集せず、新たに同じ場所に「_vimrc」を作ります。追加したいバンドルはお好みで。

filetype off

if has("vim_starting")
  set nocompatible
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

NeoBundle 'Shougo/neocomplete.vim' 
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimproc.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimshell.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimfiler.vim'
NeoBundle 'itchyny/lightline.vim'
NeoBundle 't9md/vim-textmanip'

NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'ujihisa/unite-colorscheme'
NeoBundle 'tomasr/molokai'

" Installation check.
NeoBundleCheck

filetype on
filetype plugin indent on

VimFilerの確認

gVim.exeを再起動すると上に書いたバンドルがインストールされていきます。:VimFilerなどとやって成功したらOKです。

VimShellを動かす

このままの状態でVimShellを動かすとこんな感じに怒られるはず。

E492: エディタのコマンドではありません: VimShell
Error occured while loading vimproc.
Plase install vimproc Ver.6.0 or above

VimShellを動かすにはVimProcのdllを入れる必要があります。これまでは自分で作る必要がありましたが、2012/12/13版からvimprocのdllがgVimに同梱されています。よくWin環境でのセットアップ記事見ると自分で作っている記事が引っかかりますが、この配布前の記事のようです。結構ハマりどころだったので助かりました。

gVimのzipファイルの中にwin64のvimprocのDLLがあるのでneobundleのvimproc.vim/autoloat/以下にコピーしましょう。これで動くようになるはず。

gVim\plugins\vimproc\autoload\vimproc_win64.dll  // 同梱されているDLL
$HOME\.vim\bundle\vimproc.vim\autoload // ここにコピーする

最後に

参考までに現在私のvimrcを公開しておきます。まだまだ使いこなせてない初心者。。