読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The jonki

呼ばれて飛び出てじょじょじょじょーんき

【Arduino】Freeduinoキットを組み立てる

千石電商でFreeduinoコンプリーキットが1780円と安く売ってたので買ってきました。FTDIのチップの表面実装済みなので、ハンダは楽ちんですね。


Freeduinoを組み立てる

この商品は部品以外なにもないので、ちょっと検索してみると参考になるサイトがありました。基板に何をつけるかは基板自体に書いてあるのであまり困らないかと思います。コンデンサだけ少しややこしいですが、容量の数字を見ながら落ち着いてやりましょう。
またUSBの口のすぐとなりに3本のピンがありますが、電源をUSBのかACのどちらから供給するかジャンパーで選べるみたいです。USB側にしておけばUSB給電、電源側にしておけばACでしょうか。(ACの方は試してません。あしからず…)

出前授業 Freeduinoに挑戦

ATMEGA328PにArduinoブートローダを焼く

AVR ISPシールドキット

AVR ISPシールドキット


Arduino ISPの手順は下記の素晴らしいサイトを参考にしました。
AVR ISPシールドキット


組み立てとは別にATMEGA328P-PUをArduino互換機として使うためブートローダを焼く必要があります。AVRライタはなくても大丈夫です。今はArduino ISPという非常に便利なものがあり、Arduino UNOなどをライタ代わりに使えます。非常に簡単な配線でできますが、今後の登場頻度が高そうなのでAVR ISPシールドキットなるものを買ってきました。Arduino ISPのスケッチをアップロードしてライタとなったArduinoの上にこのシールドを設置し、ATMEGA328Pにブートローダをこんがり焼きます。何よりも嬉しいのはArduino-IDEだけでソフトウェアが完結することです。追加でダウンロードしたり、よく分からんソフトでよく分からん値を入れるなんてこともありません。

ブートローダが焼けない時

何故か付属のATMEGA328Pは下記のようなエラーがでて、ブートローダが焼けませんでした。以前秋月で購入した別のATMEGA328Pをやってみたところ何も問題なく成功しました。初期不良でしょうか。。ATMEGA328Pは高いものでないので、原因調査はさっと諦めこちらの方は捨てました。

ブートローダの書き込み中にエラーが発生しました。 avrdude: stk500_getsync(): not in sync: resp=0x00
ブートローダが正しく焼けたかチェック

焼いたATMEGA328Pは一度Arduinoにつなげてチェックすると良いかもしれません。ただAVRの足(ピンの部分)の強度はあまり高くないので慎重にゆっくりやりましょう。今回はUNOのAVRを入れ替えて、適当なサンプルを動かして正しく使えるか確認しました。今後Arduinoが故障した際などにもこのチェック方法は結構有効だと思います。

動作確認をする

ブートローダを焼いたATMEGA328PをFreeduinoに合体させましょう。で、Mini USBをつなぐとPWRのUSBなどが光るはずです。[ファイル]->[スケッチの例]->[01.Basics]->[Blink]を開き、スケッチをFreeduinoにアップロードしてみましょう。13ピン近くのLEDがチカチカとすれば成功です。