The jonki

呼ばれて飛び出てじょじょじょじょーんき

HHKB proからErgodoxに乗り換えた話

巷で話題のErgodoxに乗り換えてみました.というのも最近猫背で肩こりがひどいし,血行が悪いせいか目の疲れもひどいのです.これまで使っていたのはHHKB proのUS配列のものです.タイピングは最高ですが,やっぱり手を中心にもってくるためどうしても肩が丸くなります.


買ったのはErgodoxを完パケにして売ってるErgodox EZの赤軸モデルです
ErgoDox EZ: An Incredible Mechanical Ergonomic Keyboard
注文してから2週間ぐらいで届きました.打鍵感はFilcoの赤軸と差異はさいんじゃないかな.普段使ってないから厳密には比較できないですが.また静電容量無接点式と比べてデグレード感は個人的にはそんなにないです.また打鍵の音もうるさいという感じはありません.


そして何よりも胸を開いて打鍵できることがこんなにも楽だとは思いませんでした..いい..


とりあえずカスタマイズしたキーマップを晒しておきます.本家がカスタムツールを公開したので楽ちんになりました.Cコードで自分でコンパイル,というのもいいんですが,できるだけ変態な機能は使わずHHKBからの乗り換えコストは少なくできるようにしました.
またMacで使う気はなく完全にWindows専用です.

http://configure.ergodox-ez.com/keyboard_layouts/kbvjzr/edit



工夫した点

  • 日英切り替えをMacのように左右の親指で(Ctrl+space,Ctrl+Shift+spaceをIMEの切り替えに充ててます)
  • Layer 2でマウスやカーソル操作を集中させる.マウスシミュレーションは地味に便利です
  • カーソル操作はvimと合わせる
  • Resetキーを誤って押さないようなところにおいておき,ファームウェアの書き換えを簡単に

妥協点

  • 括弧[], {}は右手側に余分なキーがないので真ん中に.ちょっと遠い.
  • バックスペースはLayer 1に.こちらも右手側に余分がないので.Layer 1はこれにしかつかってない...

課題点

  • 調子に乗って無印にしたので記号はタイポしまくり
  • Windowsならではのカーソルキーによるウインドウ操作などはまだ慣れが必要
  • 右手端の記号系もまだタイポが多い


と,まだまだ改良の余地だらけですがひとまずベースラインが決まりました.この記事はErgodoxで書いているのでまだ慣れていないのでいつにもまして記事が雑です.


またプログラマであればコードがスムーズに書けるかが心配になると思いますが,いろいろな言語のタイピング練習ができるところを見つけました.一般のタイピングと異なりプログラミングでは記号を多用するのでかなり便利です.まさかこの歳になってからタイピングの練習をするとは思いませんでした(笑)
typing.io

OSXでPython2系と3系を運用する

利用しているライブラリでPython2のみ対応だったのでPython3だけでなくPython2も動くように変更した.ググったらすぐ見つかったけど,メモしておく.

$ conda create -n python2 python=2.7 anaconda
$ source activate python2      // PATHに反映させたい場合
$ ~/anaconda/envs/python2/bin/python2  // 直接叩く場合

stackoverflow.com

AutoHotKeyでVisual Studio Codeを起動してる状態でChromeのみにキーバインドを有効にさせたいとき

複雑なタイトルですが,AutoHotkeyChromeのみに割り当てていたコマンドがVisual Studio Codeにも有効になってしまっていて混乱しました,という話.

AutoHotkeyのWindow SpyでVisual Studio Codeを見てみるとこんな感じ.そう,Chrome_WidgetWin_1になるんですね.Chromium使ってるからAtomとかでも同じ現象が起きるのかな.確かめてないですが.

>>>>>>>>>>( Window Title & Class )<<<<<<<<<<<
test.py - rnn-machine-translation - Visual Studio Code
ahk_class Chrome_WidgetWin_1

略

なのでよくWeb上であるChrome_WidgetWin_1を使う例が出てきますが,Visual Studio Codeでも有効になっちゃうので,chrome.exeとかの指定で回避することにしました.

; #IfWinActive ahk_class Chrome_WidgetWin_1
#ifWinActive ahk_exe chrome.exe 
 ^0::Send, ^{Tab}
 ^9::Send, ^+{Tab}
#ifWinActive

macos Sierraでのキーコンフィグあれこれ

SierraにするとKarabinerが基本使えず,Karabiner-Elementsというキーの置き換えしかできないけど,いろいろ対応策記事が出てたんで思い切ってやってみた.環境はEarly 2015,USキーボード,macOS Sierra 10.12です.

karabinerの設定(el capitan時代)はこちら.これを再現すべくSierraで頑張ってみる.
f:id:jonki:20170129164841p:plain:w550

caps lockをcontrolキーに

Macの修飾キー設定でcapslockを修正してもなぜか反映されないので,Karabiner-Elements(2枚目)を利用する.
f:id:jonki:20170129164846p:plain:w550
f:id:jonki:20170129164851p:plain:w550

左右のコマンドキーで「英数/かな」

後述のHammerspoonのスクリプトでも頑張ればいけるっぽいが,簡単に記述できる感じではなかったので,ここは⌘英かなというアプリに頼る.
⌘英かな

カスタム組み合わせキー

ここはnaoyaさんのスクリプトを使わせてもらうことにした.
qiita.com


ざっとだけどこんな感じ.Sierraでもなんとか生きていけそう.

MacBook Pro用のフリップスタンドのBluelounge Kickflipがめちゃくちゃいい

年始に買ったMBP用のBluelounge Kickflipがとてもいいです.段差をつけるものなんですが,かなりタイプがしやすくなりました.気になっていたぐらつきや滑りもないので快適です.MacBookだと椅子とかソファーで太ももの上で作業するような時もあると思いますが,そういう時は折りたたんでいるので邪魔にはならないです.また重そうに見えますが,13インチ64g,15インチ67gと軽いです.厚さは出ますが,特にPCケースの出し入れで困ったことはありません.
と,宣伝みたいになっちゃいましたが,本当に良い商品だと思ったので書いてみました.

f:id:jonki:20170109151218j:plain
f:id:jonki:20170109151140j:plain
f:id:jonki:20170109151230j:plain